カテゴリー: 未分類

呆れた森元総理のコメント

Published / by 春風 / Leave a Comment

2500億円以上かかると試算された、ザハ・ハディッド氏のデザインの新国立競技場。

その高額過ぎる建設費が騒動になっていますが、ようやく安部総理が白紙見直しということで再考案となるようです。

しかし、森喜朗元総理大臣(現五輪会長)が、ニュースのインタビューの中で、「たった2500億円も国がだせないものかね」と言ったと言います。

この発言については呆れて二の句が告げず、度重なる失言について批判のコメントが増えることになると思えます。

森元総理は脳梗塞で倒れた小渕恵三総理の次に総理となりましたが、総理大臣の時から問題発言の多い人で、結局、短期間で総理をやめる事になった人でもありました。

この失言の癖はその後も繰り返され、何度周りから指摘をうけても黙っていられないようです。

いかんせん、各国が300~600億円で競技場を建設しているのに、各国の4~8倍もの建設費、過去5回のオリンピック競技場より新競技場の費用が高いという有り様。

この異常なまでの高額な競技場を建てることの方が、世界の笑いものになりかねないことがわからない人である様です。

そして、こんな体質が今日の1000兆円を超える、国の借金の根源になっているのではと思わされる発言でした。

しかし、円安や消費税値上げ、人件費や資材の高騰などもありますが、その建設費は国民の納得できる範囲でお願いしたいものです。
在籍確認カードローン

使うべきお金と貯めるお金

Published / by 春風 / Leave a Comment

私の主人は自営業をしています。

自営業で一番大切なものは領収書だと思っているのですが、なかなかその領収書がくせものです。

私の主人は自営業といっても、しがない漫画家なので領収書のきれるものは他の自営業者と比べると変わっているかもしれません。

作画の参考になるものとして、漫画や画集などもみとめられていますし、内容によってはゲームなども領収書で落とせたりもします。

そんな生活の中で使うべきお金と、趣味嗜好品のお金をわけることは難しいのです。

なんでも仕事のものだからといって、領収書をきることはできてもそれはお金を使っている事にかわりはないので、その辺のバランスにいつも頭を悩ませています。

それでなくても主人のまわりの漫画家さんは有名な方が多いので、いつも買ったものの話や、自慢話にあふれ、主人もそういった欲求に感化されています。

いいものに囲まれて生活すれば、おのずといいものが生まれるといった考え方の方が多いので、主人も買うならいいものを買うべきだという思考をもっています。

お金を貯めたいという気持ちもあるようなのですが、漫画家さんたちと食事にいくと、浪費したい欲求が強くなるようで、貯金と浪費の間で主人の心は揺れているのだと思います。

主人の漫画が売れればこういった苦労もなくなるのかなと、期待をしつつ、毎日通帳とにらめっこしています。モビット審査落ち

強行採決で決めてはいけない安保法案

Published / by 春風 / Leave a Comment

最近行われた安保法案の強制採決には、疑問を抱きます。

もともと、何故、日本が今までの不戦の誓いを破ってまで戦争に参加しなければならないのか、全く解りませんでした。

そして、国会に参考人として呼ばれた学者の3人全員が「違憲だ」と言い、何万人もの国民が反対デモを起こしている中、与党だけで強行採決されてしまいました。

与党側は、安保法案は、国民の平和の為に絶対不可欠なものだと主張しています。

しかし、その自信があるのなら、強行採決などせずに、反対派が納得するまで説明して欲しかった、と思います。

それが本当に正しいのならば、反対派の方が意見を曲げるでしょう。

それなのに、その説明努力もせずに、強行採決をするのならば、その法案自体に正当性があるのか疑わしく思えてしまいます。

私もよくわからなかった為に、与党側の説明に懸命に耳を傾けた事があります。

「平和憲法で今までは平和は守られてきたが、これからはそうはいきません。」

という言葉が耳に残りました。

しかし、その理由は、最後まで説明されませんでした。

この間に、平和を脅かすような事件が何かあったでしょうか。

結局、具体案というのを一度も聞いた覚えがないのです。

しかも、条件も、

「政府が判断した場合」

とか、全く曖昧なものが多く、それでは、何かあった時に、

「政府が判断した為、派兵しました。」

では、国民が納得できるわけがありません。

安保法案が必要不可欠ならば、国民が納得できるまで説明してほしかった。

7月15日に、可決したい個人的な理由があったのでは、と指摘する人もいますが、

そうだったのか、と思ってしまうような採決でした。お金借りる

人生の3大出費とお金の管理

Published / by 春風 / Leave a Comment

一生のうちで1番高い買い物と言われているのは住宅購入資金ですが、人が一生を過ごすに当たり住宅購入費以外にも意外と大きな出費となるものに教育資金と老後の資金があります。

この3つの出費が生活の中での3大出費と言われているものです。

住宅資金というのは住宅購入にかかるお金ですので、購入しようとする土地や建物、購入の際に必要となる手数料や不動産所得税等の諸費用を合わせたものになるのでほぼ正確に金額を知ることができますし、ローンの支払い等も計画的に行えると思います。

次に教育資金ですが、子供1人当たり例えば全ての教育機関を私立で過ごした場合と公立で過ごした場合のおおよその学費というのを知ることができます。教育費には日々の学校給食費や学校教育費も含まれているので、1番お金のかかる時期を目標に貯金することが望ましいと言えます。

最後に老後資金ですが、定年退職後収入がなくなり年金での生活になります。毎日の生活費や病院、介護が必要な場合には介護費用などもあります。自分がリタイアした後どのような生活スタイルになっているのかも分かりません。そのため人それぞれ必要な費用も違います。長生きすればその分費用も必要です

から長生きがリスクとも言われてしまうのです。

現役世代は目先のことが気になってしまいますが、老後まで見据えて貯蓄できるものは貯蓄に回す癖を早いうちから身につけることが大切です。総量規制対象外カードローン