Monthly Archives: 8月 2015

呆れた森元総理のコメント

2500億円以上かかると試算された、ザハ・ハディッド氏のデザインの新国立競技場。

その高額過ぎる建設費が騒動になっていますが、ようやく安部総理が白紙見直しということで再考案となるようです。

しかし、森喜朗元総理大臣(現五輪会長)が、ニュースのインタビューの中で、「たった2500億円も国がだせないものかね」と言ったと言います。

この発言については呆れて二の句が告げず、度重なる失言について批判のコメントが増えることになると思えます。

森元総理は脳梗塞で倒れた小渕恵三総理の次に総理となりましたが、総理大臣の時から問題発言の多い人で、結局、短期間で総理をやめる事になった人でもありました。

この失言の癖はその後も繰り返され、何度周りから指摘をうけても黙っていられないようです。

いかんせん、各国が300~600億円で競技場を建設しているのに、各国の4~8倍もの建設費、過去5回のオリンピック競技場より新競技場の費用が高いという有り様。

この異常なまでの高額な競技場を建てることの方が、世界の笑いものになりかねないことがわからない人である様です。

そして、こんな体質が今日の1000兆円を超える、国の借金の根源になっているのではと思わされる発言でした。

しかし、円安や消費税値上げ、人件費や資材の高騰などもありますが、その建設費は国民の納得できる範囲でお願いしたいものです。
在籍確認カードローン

使うべきお金と貯めるお金

私の主人は自営業をしています。

自営業で一番大切なものは領収書だと思っているのですが、なかなかその領収書がくせものです。

私の主人は自営業といっても、しがない漫画家なので領収書のきれるものは他の自営業者と比べると変わっているかもしれません。

作画の参考になるものとして、漫画や画集などもみとめられていますし、内容によってはゲームなども領収書で落とせたりもします。

そんな生活の中で使うべきお金と、趣味嗜好品のお金をわけることは難しいのです。

なんでも仕事のものだからといって、領収書をきることはできてもそれはお金を使っている事にかわりはないので、その辺のバランスにいつも頭を悩ませています。

それでなくても主人のまわりの漫画家さんは有名な方が多いので、いつも買ったものの話や、自慢話にあふれ、主人もそういった欲求に感化されています。

いいものに囲まれて生活すれば、おのずといいものが生まれるといった考え方の方が多いので、主人も買うならいいものを買うべきだという思考をもっています。

お金を貯めたいという気持ちもあるようなのですが、漫画家さんたちと食事にいくと、浪費したい欲求が強くなるようで、貯金と浪費の間で主人の心は揺れているのだと思います。

主人の漫画が売れればこういった苦労もなくなるのかなと、期待をしつつ、毎日通帳とにらめっこしています。モビット審査落ち