Monthly Archives: 7月 2015

プロミスは女性の私でも申込みできますか?

プロミスは女性に優しい会社です!

お金を借りることに抵抗のある女性は、レディースキャッシングを用意しているプロミスを活用してみてください。

「女性専用のカードローン」と位置づけられるレディースキャッシングは、お客様専用ダイヤルでも女性の担当者に対応してもらえます。

銀行や消費者金融窓口にネガティブなイメージを抱いていた女性でも、プロミスに申込みを行えばスムーズに手続きや審査が進むのです。

女性は誰でもプロミスを利用できるのですか?

学生や主婦でもOKですが、「継続的な安定収入があること」が条件となります。

全く仕事をしていない専業主婦の皆さんは申込みが難しい属性ですので、パートタイマーやアルバイトなどをして収入を得てから手続きを行うようにしてください。

サイト内のサービスを上手に活用してみてください!

「審査に通るのか?」とか「どのぐらいのペースで返済すればいいのか?」という疑問がある人は、プロミスのサイト内に設置されているサービスメニューを上手に活用してみてください。

特に「お借入れ診断」と呼ばれる仮審査は多く女性が活用しており、カードローンの審査通過に不安を抱えている人に嬉しい存在となっています。

強行採決で決めてはいけない安保法案

最近行われた安保法案の強制採決には、疑問を抱きます。

もともと、何故、日本が今までの不戦の誓いを破ってまで戦争に参加しなければならないのか、全く解りませんでした。

そして、国会に参考人として呼ばれた学者の3人全員が「違憲だ」と言い、何万人もの国民が反対デモを起こしている中、与党だけで強行採決されてしまいました。

与党側は、安保法案は、国民の平和の為に絶対不可欠なものだと主張しています。

しかし、その自信があるのなら、強行採決などせずに、反対派が納得するまで説明して欲しかった、と思います。

それが本当に正しいのならば、反対派の方が意見を曲げるでしょう。

それなのに、その説明努力もせずに、強行採決をするのならば、その法案自体に正当性があるのか疑わしく思えてしまいます。

私もよくわからなかった為に、与党側の説明に懸命に耳を傾けた事があります。

「平和憲法で今までは平和は守られてきたが、これからはそうはいきません。」

という言葉が耳に残りました。

しかし、その理由は、最後まで説明されませんでした。

この間に、平和を脅かすような事件が何かあったでしょうか。

結局、具体案というのを一度も聞いた覚えがないのです。

しかも、条件も、

「政府が判断した場合」

とか、全く曖昧なものが多く、それでは、何かあった時に、

「政府が判断した為、派兵しました。」

では、国民が納得できるわけがありません。

安保法案が必要不可欠ならば、国民が納得できるまで説明してほしかった。

7月15日に、可決したい個人的な理由があったのでは、と指摘する人もいますが、

そうだったのか、と思ってしまうような採決でした。お金借りる

人生の3大出費とお金の管理

一生のうちで1番高い買い物と言われているのは住宅購入資金ですが、人が一生を過ごすに当たり住宅購入費以外にも意外と大きな出費となるものに教育資金と老後の資金があります。

この3つの出費が生活の中での3大出費と言われているものです。

住宅資金というのは住宅購入にかかるお金ですので、購入しようとする土地や建物、購入の際に必要となる手数料や不動産所得税等の諸費用を合わせたものになるのでほぼ正確に金額を知ることができますし、ローンの支払い等も計画的に行えると思います。

次に教育資金ですが、子供1人当たり例えば全ての教育機関を私立で過ごした場合と公立で過ごした場合のおおよその学費というのを知ることができます。教育費には日々の学校給食費や学校教育費も含まれているので、1番お金のかかる時期を目標に貯金することが望ましいと言えます。

最後に老後資金ですが、定年退職後収入がなくなり年金での生活になります。毎日の生活費や病院、介護が必要な場合には介護費用などもあります。自分がリタイアした後どのような生活スタイルになっているのかも分かりません。そのため人それぞれ必要な費用も違います。長生きすればその分費用も必要です

から長生きがリスクとも言われてしまうのです。

現役世代は目先のことが気になってしまいますが、老後まで見据えて貯蓄できるものは貯蓄に回す癖を早いうちから身につけることが大切です。総量規制対象外カードローン

プロミスの瞬フリにはメリットがあるのでしょうか?

瞬フリは手数料がかからない!

プロミスで行っている振込キャッシング「瞬フリ」は、手数料0円で融資が受けられる嬉しいサービスです。

申込みはインターネットか店頭窓口で行えるため、瞬フリの便利さに気付いて、手続きを進める人が急増しています。

提携ATMなどに行くことが面倒臭いと考えていた人でも、自宅で融資が受けられる瞬フリは、今後も利用者が増え続けると見込まれるサービスです。

三井住友銀行とジャパンネット銀行の人には特におすすめ!

お客様の口座が「ジャパンネット銀行または三井住友銀行」の場合は、土日祝日や深夜でも、最短10秒で融資金額が入金されます。

従来の振込キャッシングのように、「土日祝日は利用できない」という難点もありませんので、いつでも自由に使える点が人気の理由に繋がっているようです。

口座の残高不足にもスピーディーに対応できる!

公共料金などの引き落とし当日に瞬フリを実行すれば、わざわざ銀行に行かなくても、きちんと支払いの完了が行えます。

また会社のパソコンやスマートフォンから瞬フリの手続きができますので、銀行やATMが近くにない環境で仕事をしている人でも、簡単に自分の口座にお金を入れることができると言えるでしょう。