森友問題ばかりやっている国会で2017年度予算が成立したこと

Published / by saitama / Leave a Comment

国会は森友問題の追及で盛り上がっています。そんな中2017年度予算が与党の賛成多数で可決されました。この現状を見て違和感を感じました。
野党は森友問題の追及に終始しています。与党は問題は無いとの答弁で全く進展しない状況の中予算を成立させていました。この国会は予算を審議するはずだったと思います。その予算関連はほとんど議論していないと思います。
私の率直な意見は今の政権を引きづり降ろそうとする野党に対し、支持率の高い与党は適当にあしらいながら必要な事をやっていることについて、国民は振り回されていると思います。国会の機能をなしていないように思えます。
予算より森友問題が重要ならその問題をやるべきです。逆に予算が重要なら予算の審議を優先すべきです。国会にはルールはないのかと思ってしまいます。会社の会議も国会も同じだと思います。会社を良くするためにやっている会議です。議題にそった会議しかしません。問題が発生すればその問題を解決する別の会議なり何かを設ける物です。しかし国会にはそれがありません。銀行カードローン 審査 甘い
私は憲法改正でまず国会の法案を改定してほしいと思います。会期に議題があってそれに沿って議論するのが本来あるべき姿だと思います。
今回の予算成立で私が感じた違和感を、同じように感じた人は多いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です