常備菜で節約とヘルシーな食生活

Published / by 春風 / Leave a Comment

給料日前になると大体毎月金欠になります。もちろん私のやりくりが下手だったり急な出費でどうしても足りなくなってしまうなど理由は様々です。足りなくなった時に即効性があるものが食費ではないでしょうか。そこで食費節約の為に常備菜の利用をお勧めします。常備菜とは冷蔵庫に常に常備しておくお惣菜の事で、日数を持たせるために少し味付けを濃くしたりお酢を使って日持ちさせる工夫をして多めにおかずを作り置きしておくのです。お野菜でしたら多めに買ってもお財布に優しいので是非実践してみてください。例えば青菜が安かったら湯がいて煮びたしにしたり硬めにゆでて小分けにして味噌汁に入れたり和え物にしたりします。人参やレンコンは多めに切ってきんぴらにしたり酢の物にしたりします。食品にもよりますが1週間程度は保存がききますので少しづつ小鉢に出して食卓の一品に加えます。こうすることで毎食の献立はメインのお肉かお魚メニューを考えるだけで済みますし常にお野菜が摂れるのでとってもヘルシーです。しかしこの方法は本当に金欠になる直前は無理かもしれませんが、そろそろ金欠になりそうだなと言うタイミングでやることが有効です。全くお金が無くなってしまったらいくら特売とはいえ食材を買う事が出来なくなってしまうので気を付けてください。カードローン審査 在籍確認 なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です