国内景気や努力ではコントロールできない株価・為替

Published / by 春風 / Leave a Comment

最近の株価や為替はまったく予測ができません。以前は国内のニュースや経済状況を見れば素人でも多少読めることも多かったのですが、最近は海外情勢、外国人投資家の動きで株価が乱高下してしまうので怖いです。アベノミクスとか成長戦略などに関係ないように思います。また何かあった時、、特に良いニュースがあっても株価の動きは本当に一時的で国内経済と株価は違う動きをしていると思います。なので庶民にはアベノミクス効果など全く実感がわかず、総理が経済成長を喜んでいたり、経済に対して楽観的な発言をするとどこか違う国の話をしているような感じで不快です。、むしろこの先どうなるのかという読めない未来に不安になるばかりです。また為替も日本とアメリカ、日本とEUの関係にかかわらず、他国どうしの関係の波が日本円の値段を左右します。海外で何か良くないことが起これば、比較的安全な円は買われやすいので円高、株安に。せっかく東京五輪で不動産株に目を向けてもなかなか動きを読むのは難しく、今までの常識で考えていては無理です。日銀の金策などはほぼ無効で、こうなると何を頼りにしていいかわからず、確信できるものもないのでひたすら守りに入ってしまいそうです。バンクイック 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です