呆れた森元総理のコメント

Published / by 春風 / Leave a Comment

2500億円以上かかると試算された、ザハ・ハディッド氏のデザインの新国立競技場。

その高額過ぎる建設費が騒動になっていますが、ようやく安部総理が白紙見直しということで再考案となるようです。

しかし、森喜朗元総理大臣(現五輪会長)が、ニュースのインタビューの中で、「たった2500億円も国がだせないものかね」と言ったと言います。

この発言については呆れて二の句が告げず、度重なる失言について批判のコメントが増えることになると思えます。

森元総理は脳梗塞で倒れた小渕恵三総理の次に総理となりましたが、総理大臣の時から問題発言の多い人で、結局、短期間で総理をやめる事になった人でもありました。

この失言の癖はその後も繰り返され、何度周りから指摘をうけても黙っていられないようです。

いかんせん、各国が300~600億円で競技場を建設しているのに、各国の4~8倍もの建設費、過去5回のオリンピック競技場より新競技場の費用が高いという有り様。

この異常なまでの高額な競技場を建てることの方が、世界の笑いものになりかねないことがわからない人である様です。

そして、こんな体質が今日の1000兆円を超える、国の借金の根源になっているのではと思わされる発言でした。

しかし、円安や消費税値上げ、人件費や資材の高騰などもありますが、その建設費は国民の納得できる範囲でお願いしたいものです。
在籍確認カードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です