人生の3大出費とお金の管理

Published / by 春風 / Leave a Comment

一生のうちで1番高い買い物と言われているのは住宅購入資金ですが、人が一生を過ごすに当たり住宅購入費以外にも意外と大きな出費となるものに教育資金と老後の資金があります。

この3つの出費が生活の中での3大出費と言われているものです。

住宅資金というのは住宅購入にかかるお金ですので、購入しようとする土地や建物、購入の際に必要となる手数料や不動産所得税等の諸費用を合わせたものになるのでほぼ正確に金額を知ることができますし、ローンの支払い等も計画的に行えると思います。

次に教育資金ですが、子供1人当たり例えば全ての教育機関を私立で過ごした場合と公立で過ごした場合のおおよその学費というのを知ることができます。教育費には日々の学校給食費や学校教育費も含まれているので、1番お金のかかる時期を目標に貯金することが望ましいと言えます。

最後に老後資金ですが、定年退職後収入がなくなり年金での生活になります。毎日の生活費や病院、介護が必要な場合には介護費用などもあります。自分がリタイアした後どのような生活スタイルになっているのかも分かりません。そのため人それぞれ必要な費用も違います。長生きすればその分費用も必要です

から長生きがリスクとも言われてしまうのです。

現役世代は目先のことが気になってしまいますが、老後まで見据えて貯蓄できるものは貯蓄に回す癖を早いうちから身につけることが大切です。総量規制対象外カードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です