プロミスにおける一次審査と二次審査の違いを教えて!

Published / by 春風 / Leave a Comment

一次審査で「返済能力」を判断する!

プロミスの一次審査では、「申込み内容に虚偽がないか?」と「支払能力があるのか?」という2つのポイントを中心にチェックが進められていきます。

カードローンの審査では必ず個人信用情報機関への問い合わせが行われますので、他社借入状況や個人情報を偽って申込みをしても、すぐにバレてしまう現実を知っておくべきと言えるでしょう。

虚偽の申告は審査落ちに直結する要素となりますので、どんなに属性が低くても正しい情報を申込書に記載するようにしてください。

二次審査で「詳細」を判断する!

プロミスの二次審査では「具体的にどのぐらい融資できるのか?」を判断します。

勤務先企業への在籍確認電話が行われるのも二次審査となりますので、会社に架電された段階で、「あと少しで審査通過できるところまで来ている」と考えて良いでしょう。

また本人確認の際に「なぜお金を借りるのか?」という理由や生活状況を質問されることもあるため、見栄を張らずに自分の実情を話すようにしてください。

借入希望額を低めに設定してみましょう!

「絶対に審査通過したい!」と思う人は、10万円~20万円程度の低い借入希望額で申込みをして、スムーズに一次審査を通過できる状況を作ってください。

最初から欲張って「借入希望額=100万円」と書いてしまうと、身の丈知らずというネガティブな印象を与える結果に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です